3月中に廃車しないと2倍の税金がかかります!?

原付バイク

原付など二輪車の税金がもうすぐ上がるのをご存知ですか?

平成28年度から二輪車の軽自動車税が増税されます。
二輪車の軽自動車税は年度がはじまる4月1日の所有者に1年分の税金が課税されます。
つまり3月中に手放さないと1年分の税金がかかってしまいます。
そして今年はいつもの違うのがその税金が上がってしまうんです!

原付の税金がなんと2倍!?

今年度、平成28年4月1日からの税額をまとめてみましたので下記の表をご覧ください。

排気量 旧税額(平成27年度まで) 新税額(平成28年度から)
原付Ⅰ50cc、 1000円 2000円
原付Ⅱ51cc~90cc 1200円 2000円
原付Ⅱ91cc~125cc 1600円 2400円
軽二輪車126cc~250cc 2400円 3600円

見ていただくとわかるように原付50ccの増加率が2倍と際立って高いです。
もっとも排気量が低いのに増加率が高いのは納得いきませんが、これが現実です。

3月は買取、廃車の繁忙期ピークです。つまり業者の予約が取れないことも予想されます!

当店も例外ではなく3月は原付の買取依頼が通常の4倍以上になります。
特に今年は増税が絡みますので3月に一気に集中してしまうことが予想されます。
もし乗ってないバイクがあり手放そうと思っている方は今すぐ動いた方が得策です。

ここだけの話ですがあまりにも買取が集中するとバイクが一時的に過剰在庫になり買取相場がおちることもありえます。
3月の後半は特に駆け込みでの依頼が集中するのでピークをさけて2月~3月前半に買取や廃車をするのが良いでしょう。

原付バイクの買取はこちら

原付の廃車処分はこちら

仙台の方はよかったら上記の当社サービスをご検討ください。

まとめ

増税前の駆け込みで3月後半は絶対混みます!いますぐ電話!売る!処分する!

TOPにもどる