仙台の原付バイク買取,販売の専門ショップ。キレイな中古原付スクーター、50ccミニバイクを大量在庫し格安で中古販売しているバイク屋です。仙台で原付の低価格修理や廃車処分もお任せください。50cc~125ccの「売る,買う,直す」宮城仙台の原付生活を総合サポートします。

東日本大震災と原付 当店の被災状況と記録

  • HOME »
  • 東日本大震災と原付 当店の被災状況と記録

東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
あの2011年3月11日から5年がたちました。東北,宮城県の人間にとっては忘れることができないあの日。あれから5年がたち一区切りの意味でも一度整理し記録しようと思います。2016年4月現在でも当店の近くには仮設住宅があります。住人の方々はだいぶ減りましたが未だにお住まいの方がいらっしゃることを考えると復興途上であることは言うまでもありません。仙台市民として被災者としてこれからも復興の歩みを止めないように協力していきたいと思います。

はじめにおことわりさせていただきますが、当時の写真があまり多くありません。被害があまりにも酷く写真を撮ろうと言う気持ちになれませんでしたし、被災された住民の方の心情を思うと写真をとることができませんでした。逆に他地域からきて観光気分で写真や動画をとっている人には当時非常に悪い印象をもちました。ただ今思い返すともっと写真や動画をとり記録しておけばよかったと思います。少ない写真しかありませんのでほぼ文章中心になります。ご了承ください。

震度6強で店舗もバイクもめちゃくちゃ、
その後の津波で店ごと水没、
とどめの窃盗被害に泣く。

当店がある宮城野区出花は仙台港からすぐの海に近い場所にあります。当時はこの場所が海に近いことすら意識することもなく当然津波に巻き込まれるなんて夢にも思っていませんでした。宮城県沖地震が近い将来くることは地元の人ならなんとなく認識していました。防災意識も高い地域ですがあそこまでの巨大津波が来るなんて予測できていた人はいなかったと思います。

体験したことがない大きな揺れに『宮城県沖地震がきた!』と思った

仙台の3月は原付バイク屋にとっては一番の繁忙期、たしか平日の金曜日だったと思うが忙しく仕事をさせていただいており、仕事の一瞬の合間デスクに座っていたときだった。突如,体験したことがない大きな揺れに立っていることができない。床にへたり込むように態勢を低くするが右に左に体が流される。工具棚が倒れ、バイクがドミノ倒し、あらゆるものが上から降ってくる。身の安全を確保するのが精一杯でされるがままにすべてがめちゃくちゃになっていく。電気が消え、ラジオも切れ、建物が大きく歪みきしむ音が響く、倒壊するかもしれない恐怖があったがその場で耐えることしかできなかった。ただごとではないと事が起きていると体が一気に熱くなった。揺れはとても長かった5分以上は揺れていたと思う。外に脱出する隙もなくはなかったが、外のほうが危険だと直感し留まった。

展示バイクがめちゃくちゃになり大損害!でも,それだけなら楽だった

揺れが弱りはじめた。フェリーに乗っているような地面が揺れている感覚が残っていたまま外に出た。辺りは騒然としていた。信号がすべて消えていた。店前の展示車両がほとんど倒れてしまっている。レバーが曲がり、カウルが割れ、燃料が漏れ、めちゃくちゃな状態に頭を抱える。大損害だと落ち込んだが、今思うとこのくらいの損害ですんでいたら楽だったと思う。倒れたバイクを一台一台起こし損害状況を確認しながら片付ける。ただごとではない揺れだったので家や家族の心配がよぎる。この状況では営業はできないのでとにかく片付けて家に駆け付けようと思った。もちろん電話やメールはつながらない、スマホのテレビで情報を得ながら片付け作業を行った。当時のスマホはバッテリーが弱かったので停電中なことを考えるとあまり使えないので断続的にワンセグを聞いていた。

初めて聞く大津波警報。それでも『まさかここまで来るわけない』

この震災で津波被害が大きくなった原因のひつが『まさか津波がここまでくるわけない』この油断の気持ちが大きいと思います。当店がある仙台港地区は大型商業施設やアウトレットモールなどが立ち並ぶ一台ショッピングエリアです。そんな地域に津波がくるわけがないと何故か思い込んでいました。前例がない、ここまで津波がきたらもっと海沿いにある大型店などは全滅する、そんなことが起こるわけがない、そう思っていたのは私だけではないと思います。震災の数日前の大き目の地震がありそのとき津波注意報がだされました。そのことがさらに油断させる要因になりました。また注意報かいつも被害はでないよねと思ってしまいました。

『津波くるらしいですよ』

近所の車屋さんがラジオで得た情報を教えてくれた。『津波マジで来るらしいですよ』それでも私は『まぁ大丈夫っすよ。いざとなったらバイクで逃げますんで』と言った。が本音はここまでは来ないでしょ、港の一部で被害が多少でたとしてもここまでは来るわけがないと頑なまでに信じていた。店内外のバイクや備品などの片付けをほとんどすませ、そろそろ帰ろうかなと思った矢先でした。三井アウトレットの方向から大勢の人が走ってくる。その内の一人アウトレットのガードマンの男性が叫んでいる『津波!きました!』

黒い壁を見た瞬間『自分だけは大丈夫』という根拠なき自信が崩れた

三井アウトレットのほうに黒い壁が迫ってきているのが見えた。その瞬間に『ここまで来るわけないでしょ』っていう思い込みが覆されました。『マジでやばい!逃げなきゃ』と。


仙台東ライダースが映っている仙台港付近の津波の映像がYoutubeにあがっていたので張らせていただきました。映像は途中で終わっていますが、この後もどんどん水深があがっていき色々なものが流れてくることになります。

当店近くの夢メッセという大型イベントホールです。当店よりもさらに海側に位置しますので被害が甚大です。

中野栄駅に全速力で走る、逃げる。

この映像のころ私は駅に向って全速力で走っているころだと思います。映像を見て思うことは結果的には車で逃げることもできたのかなと言うことです。結果論にはなりますが店舗ちかくの駐車場に停めていた自分の車は水没して廃車でしたので、その後の非難生活が非常に不便になりました。他の地域では車で逃げて渋滞になり津波に巻き込まれてしまったことも多いと聞きますのでその時の判断は間違ってはいなかったと思います。ただ車もなくなったのはキツかったです・・2ヶ月前に納車されたばかりでしたし・・

駅に非難し家族との連絡を試みる

なんとか津波からは逃れ最寄の仙石線中野栄駅に非難しました。駅は国道45号線沿いにあり海からはさらに遠くに位置しています。駅の2階から津波のようすを見ながら妻に連絡してみますが当然つながりません。この震災では津波被害が甚大すぎて地震での被害は伝えられることは少ないですが揺れでの倒壊や天井落下、ショールームのガラス破損、地盤沈下などの被害も大きかったです。当時は娘もまだ小さかったので『家族が何かの下敷きになってはいないか』など悪いイメージが付きまとい心配が大きくなっていました。家族をお持ちの方はみんな同じような気持ちだったと思います。なんど電話してもつながらず、メールもだめでした。外の様子はというと信号が消えていますので車がまったく動かず、津波が45号線に迫ろうとしています。あとからわかったことですが多賀城市側は45号線にも津波が到達し被害が甚大でしたので多賀城側への車の流れはこのときから数日は滞ったことでしょう。

雪が降る中、日没が迫る。

薄暗くなり雪が降りあたりは相変わらず騒然としている。車は両方向まったく動かず気温が下がってきていたので路面凍結が心配になってきていた。車はおそらく水没して無理だろうし、電車は動くわけもなく徒歩で帰るには距離がある過ぎる状況でした。店舗内のバイクがなんとか無事で動く物があればそれに乗って帰るしか選択肢がない。そのころ中野栄駅前では津波が時間がたつにつれて少しずつ引いていました。津波は引き波からさらに高い2波、3波がくることがあると聞いたことがありました。その心配がよぎりましたが日没まで時間がなかったの意を決して店に向かうことにしました。そのころ水位はひざ上くらいでした。

水中は寒さよりも危険なトラップが!

店に近づけば近づくほど水位が上がっていき、濁った海水がひざの高さを超えてきますがジャバジャバと歩いていきます。そのときは必死でしたので寒い冷たいなどの感覚よりも不安や恐怖が勝り一種の興奮状態だったと思います。ひざから下が水中のため手探りならぬ足探りで進んでいると、突然『ドボンっ』。落とし穴に落ちたかのように水中に体が吸い込まれます。とっさに、必死に、沈むまいと手足をばたつかせました。お腹のあたりまで沈む間に何とか前に進み事なきを得ましたが、今考えると水圧で開いてしまったマンホールや側溝かなぁと思いますが未だに謎の落とし穴です。

車は水没、店の中は水浸し。店に入りきらなかったバイクは全滅。

案の定自家用車は水没、店の中も水浸しです。辺りも流れてきた車や冷蔵庫などあらゆるものが散乱しています。車の水没具合から察するに1.5メートルほどの津波が襲った様子でした。ただ、当店は道路よりも1メートルほど高い場所に建っているため店の高さでは50センチほどの水没ですみ、店の中に流入した水位は20センチほどでした。店の建っている高さと水の引きが早かったため店の中の水没被害は最小限に留まったのが不幸中の幸いではありました。ただ店内に入りきらなかったバイクはすべて、一台残らずガレキとなりました。(泣)

水没しガレキとなるスクーターたち

すべての交通は麻痺、大渋滞、大混乱

車が水没、店はめちゃくちゃでも途方にくてる場合ではない。日没がせまり、雪が降りしきる中、道路が凍結する前になんとか帰宅する方法を必死で考え目に入ったのが『イーハトーブ』。125ccで昔のトライアルバイク、車高が高いおかげで水没は免れている様子。半年ぶりくらいにキックスタートを試みるとキック数発で始動!ここからイーハトーブと共にこの震災を乗り切るため奔走することになる。

このとき冷静に対処していればこの後の盗難被害にあわずに済んだ・・

後々考えるとこのときの自分の精神状態は普通ではなかったと思う。店も車も商品もめちゃくちゃになり落ち込む気持ちと、家族が心配でとにかくなんとかして早く帰らなければの気持ち、余震でぐらぐら揺れるたびの不安な気持ちに、ずぶ濡れで雪降る寒さのなかで一種の非常事態モードのような興奮状態になっていたと思う。このときに冷静に戸締をし大事な物を持ち出していれば今後の盗難被害も最小限に抑えられていたのかもしれない。

日没し、大停電で真っ暗。明かりは渋滞する車のヘッドライトのみ

イーハトーブで走りだそうとするも未だ津波が引ききらず低い道路は冠水状態。でも待っている時間はない、イーハートーブを信じ意を決して水中に突入。大きな水しぶきを上げながらかろうじて前に進む、一瞬車体が浮くくらいの深みにはまるがなんとかかんとか水没地域を脱出し45号線まで出ることができた。当時の45号線は上りも下りも半端じゃない大渋滞。まったく動かない、完全な交通麻痺状態。信号も消えていて道路は地震による液状化の影響か、ぼっこぼこ段差ができていた。

イーハトーブに感謝。災害時のバイクは強い!

大渋滞し、道路は段差だらけ、給油もできない中ではバイクが最強である。自宅まで通常2、30分のところ車で帰宅したのならおそらく5、6時間はかかっていただろう。イーハトーブのおかげで40分程度で自宅に着くことができた。自宅は津波のない地域ではあるが帰りの道中では壁が崩れた店舗や、ガラスがなくなっているカーディーラー、つなぎ目が外れかけてたショッピングセンターのスロープなど地震の被害も甚大なものだと感じた。

自宅に戻るが、誰もいない

日没し真っ暗になるころなんとか自宅マンションにたどり着いた。停電し不気味なほどに暗いマンションには人気が一切ない。壁が落ち、ガラスが割れ、閉じなくなった玄関ドアが開きっぱなしの部屋もあったが人の姿がない。自宅は4階にありエレベーターが使えないので階段で部屋向かった。案の定家の中はあらゆる物が散乱し立っている家具がないくらい荒れていた。冷蔵庫が跳ねて天井に穴を開けているのに揺れの恐怖が読み取れた。しかい肝心の家族が誰もいなかった。

平常時に家族で避難場所や集合場所を決めておくべき

未だに携帯はつながらないし家族の行方がわからない中で思うことは『普段から避難場所をみんなで確認しておくべき』と言うことだ。当時の自分には有事の際の避難場所がまったくわからなかった。思いつく候補は子供の小学校、隣の市民センター、地域の中学校か。考えてもしょうがないので動くしかないと思い自宅を後にした。マンションの正面玄関を出るときに一つの張り紙が目に入った。

『当マンション倒壊の恐れあり。住民は小学校に避難してください』

細かい文言は記憶が定かではないが、だいたいこんな事が張り出されていた。後々このマンションは半壊という被災認定を受けることになる。当時は日没し停電で真っ暗のなか被害状況も把握しきれない状態で、余震は絶えず、ライフラインはすべて失っている。この状況でマンションにとどまる事が危険との判断を管理組合がしたのだと思う。

小学校で家族に再会し安堵

避難所となっている小学校に向かう。体育館には地域の避難者がごった返しており足の踏み場に困るほどの人口密度になっていた。家族と無事再会でき安堵するもののこの時からずぶ濡れの寒さが襲ってくる。この日から3日間この体育館で過ごすことになる。寒さと空腹、余震の恐怖に体育館の床の固さが身に染みいりほとんど眠れない3日間に自宅で過ごすすばらしさを思いしらされる体験となった。

空腹と寒さ、情報にも飢える避難生活

翌日はとにかく水、食べ物、防寒、トイレ、など避難所で家族と安全に過ごすために動いた。当時まだ幼い子供たちは地震の恐怖をかなり大きく感じていたようだったのでこの日は一緒に過ごしたほうがいいと思った。夜は体育館の硬い床で横になった。津波の状況や原発の状況、余震の事など情報にも飢えていたが当時のスマホは電池持ちが悪く充電もままならない状態ではあまり役にたたなかった。新聞の号外が配られたのをみんなで回し読みしたことが記憶に残っている。

翌々日、改めて店舗被害を確認しにいくが・・・

ガソリンの心配もあったので一度店舗の様子を見に行くことにする。店に行けば水没被害を免れたバイクからガソリンを取り出せるかもしれないとの思いもあった。明るい時に店の被害状況も把握しておきたかったのだが、まさかその被害がさらに増えているとは思いもよらなかった。津波が去った”被災地”は本当に酷い状態だった。この町は二度と元の状態には戻らないのだろうなぁと感じたし、店舗の再建の可否もこのときは半々くらいの気持ちだった。仙台港あたりはまだまだ軽い被害でありもっともっと悲惨な地域があることは当時の自分は知らずにいた。

様子がおかしい。地震、津波以外のなにかが来た。

あの大地震の後に、大津波に襲われているのでメチャクチャな状態にはなっているのだが、なにか様子がおかしい。あきらかに人が入ったような形跡がある。地震当日は完全な戸締り確認をしていなかったとはいえ、すべての出入り口には施錠はしたはず。なのに店内のテーブルやバイクのシート、カウンターなどに泥で汚れた足跡が多数ついている。最初は大家さんや、警察、警備会社や捜索隊などが入ったのではと思った。しかしよくよく見るとあるはずのモノがない!あれも、これもない!金目の物がことごとくなくなっているのである!

津波の当日、または翌日にやられた『空き巣被害』!

宮城県全体が混乱状態、食料も水も燃料も情報もなにもかもない状態で地域の人々が協力して何とかしようとしている時です。生きるか死ぬかの瀬戸際、行方不明の人も多数いる状態です。百歩譲ってバイクが盗られる、ガソリンが抜かれる(実際ガソリンはかなり抜かれてましたが)のは許せました。金目の物を根こそぎいかれたのには怒りを超えた感情、無念さを感じずにはいられませんでした。地震や津波で被害をうけたことよりも何倍もショックが大きかったのを思いだします。

津波にやられた地域は火事場泥棒だらけが真実

残念ながら空き巣被害は当店に限ったことではありませんでした。津波被害にあった近くのショッピングモールやコンビニなどかなりの被害があったことを聞いていますし、一時は地域の方々で自警団を作って巡回していたくらいでした。当店でもそうですが通常の警備システム(アルソックやセコムなど)が停電と通信網麻痺で機能していませんし、警察の方々も行方不明者の捜索や救出、被害状況の把握などでそれどころではなかったのではないでしょうか。窃盗犯からしたらこれ以上ないチャンスがそこらじゅうに転がっていた状態でした。

当店の被害はとにかく『金目の物』

当店で空き巣に被害にあったのはとにかく金目の物、売ったりすれば換金できそうなものを狙われたようでした。具体的に言いますとパソコンやカーナビなどの家電製品、電動工具などの高額な工具類、レジの中に残っていたお釣の小銭、あとはバイクに入っていたガソリンなどでした。なぜかバイクは一台も盗られなかったのは水没して使えないだろうと思われたかもしれません。外にあったバイクは全滅でしたが、店内にあったバイクはほぼ無事でしたので店内バイクが盗られなかったのは不幸中の幸いでした。

つづく

 

お気軽にお問い合わせください TEL 022-254-0579 営業時間 10:00〜19:00(火曜定休)

PAGETOP