スロットルが走行中に凍る!?原付が暴走!?

スロットル(アクセル)が走行中に突然戻らなくなり、バイクが暴走する、そんな恐怖を味わったことはあるでしょうか?

寒冷地の原付ライダーの皆様は冬前に必ずお読みください!

めっきり寒くなってきました。
仙台原付バイクライダーには少し厳しい季節です。
冬の時期、人知れず起っているこの事件を知っているでしょうか?
そうっ『スロットル凍結事件です!』

 


スロットル凍結はこうして起こる。

最低気温がマイナス3度のある日→

俺の原付アクセル全開走行中→

スロットルケーブルがこっそり凍る

発進のときは普通だったのに走行途中にこっそり凍る!→

前方の信号が赤になりスロットルをもどし減速をはじめる→

こっそりスロットルは凍結済み、スロットルが戻らない!

パニック!パニック!パニック!→

アクセルもどしてもエンジンうなり続ける!→

アクセルはあきらめて鬼の力でブレーキを握る!→

エンジンはうなる!ブレーキから煙あがる→

交差点直前でなんとか停止・・・すかさずキーをOFF・・助かった・・・

『路面が凍結してたら・・・大惨事・・』

 

スロットル(アクセル)が突然戻らない場合、自分が操作して予測する動作とバイクの動きが逆になります。
つまり思いもよらない動きをバイクがするので、バランスを崩しその場で転倒してしまうこともありえます。
上の例は反射神経、運動神経に優れた若者の場合なので、私どもおっさんなら即転倒の可能性が大です。

アクセルのケーブル部分が凍ることが多いです。

スロットルが戻らないとは厳密に言いますとスロットル(右手で回す部分)が凍るのではなくその先のケーブルが凍ることが多いです。
つまりスロットルはスカスカ動くけどケーブルが動いていないためエンジン回転数が下がらない状態になります。

気温がマイナス2度を下回るときは特に注意!

バイクは走行中もろに風を受けて走ります。時速36キロで走るバイクは風速10メートルの風を受けているに等しいと言われています。つまり停止中には凍ってなかったケーブルが氷点下の強風を受けてガンガンに冷やされ走行中に凍ってしまうのです。冷え込む朝、晩は特に注意が必要です!

氷点下で起こる危険を詳しくまとめたページがありますので良かったらご覧ください。
寒い日、原付に起こる3つの危険


冬にスロットル凍結をおこさないために

・バイクを雨ざらしにしない
・スロットルを一定に保たない(走行中あえてアクセルの開閉を繰り返す)
・アクセルに重さを感じるようになったらグリスアップ、または交換!
・あまりにも寒い朝晩は原付をあきらめることも時には必要。

バイクが濡れた日やその次の日は特に注意が必要です。

スロットル凍結に万が一巻き込まれたら

・今日の寒さは異常だなと思ったら心構えだけはもっておく
・焦らない、けして焦らない
・体勢をくずさないように注意しながらブレーキでなんとか減速する
・隙をみてキーをOFFにする

『走行中にスロットルが凍って止まらなくなる』そんなことが起こる事を知っているだけでだいぶ違います。
自分の身にも起こるかもしれないと思い心構えだけはしておいてください。
スロットルの動きが悪くなったら迷わず部品を交換して未然に防ぐようにしましょう。
(部品が新品でも凍るときは凍ります。ただ錆びかけて動きが渋くなっていたりケーブル内部に水が入り込んだりしていると特に起こりやすいので部品を交換して緩和する可能性はあります。)


ホンダの古いスクーターで起こりやすい!

構造の違いかと思いますがホンダのスクーターで起こることが多いです。
特にスーパーディオ(AF27系)とライブディオ(AF34系)が多いので注意してください。
最近は4スト系のスクーター(トゥデイやズーマー)での報告も増えてます。

最近ズーマーでの凍結報告がありました。

トゥデイも今シーズン凍結報告を受けております。

 

ホンダ ディオ

2ストのディオは昔から凍結報告が多いです。ライブディオ、スーパーディオなどです。

万が一の事なのでむやみに怖がる必要はないですが・・

色々な要因が重なって希に起こるレアケースです。
必要以上に怖がることはありませんが、記憶の片隅にでも留めていただければと思います。

 

原付バイク専門店 仙台東ライダース

関連記事

氷点下になったら乗る前に読むページ

原付の冬タイヤ交換 価格表

スパイクタイヤとスタッドレス どっちがいい?