ホンダの2サイクルスクーター乗っている人は
冬前に必ずお読みください!

めっきり寒くなってきました。
仙台原付バイクライダーには少し厳しい季節です。
冬の時期、人知れず起っているこの事件を知っているでしょうか?
そうっ『スロットル凍結事件です!』


スロットル凍結はこうして起こる。

最低気温がマイナス3度のある日→

俺の原付アクセル全開走行中→

スロットルケーブルがこっそり凍る

発進のときは普通だったのに走行途中にこっそり凍る!→

前方の信号が赤になりスロットルをもどし減速をはじめる→

こっそりスロットルは凍結済み、スロットルが戻らない!

パニック!パニック!パニック!→

アクセルもどしてもエンジンうなり続ける!→

アクセルはあきらめて鬼の力でブレーキ握る!→

エンジンはうなる!ブレーキから煙あがる→

交差点直前でなんとか停止・・・助かった・・・

『路面が凍結してたら・・・大惨事・・』

 

スロットル(アクセル)が突然戻らない場合、自分が操作して予測する動作とバイクの動きが逆になります。
つまり思いもよらない動きをバイクがするので、バランスを崩しその場で転倒してしまうこともありえます。
上の例は反射神経、運動神経に優れた若者の場合なので、私どもおっさんなら即転倒の可能性が大です。


冬にスロットル凍結をおこさないために

・バイクを雨ざらしにしない
・全開走行を長時間しない(長距離走行でもたまにアクセルを動かす)
・アクセルに重さを感じるようになったらグリスアップ、または交換!

スロットル凍結に万が一巻き込まれたら

・今日の寒さは異常だなと思ったら心構えだけはもっておく
・焦らない、けして焦らない
・体勢をくずさないように注意しながらブレーキでなんとか減速する
・隙をみてキーをOFFにする

『走行中にスロットルが凍って止まらなくなる』そんなことが起こる事を知っているだけでだいぶ違います。
自分の身にも起こるかもしれないと思い心構えだけはしておいてください。
スロットルの動きが悪くなったら迷わず部品を交換して未然に防ぐようにしましょう。


ホンダの古いスクーターで起こりやすい!

構造の違いかと思いますがホンダのスクーターで起こることが多いです。
特にスーパーディオ(AF27系)とライブディオ(AF34系)が多いので注意してください。
言っても色々な要因が重なって希に起こるレアケースです。
必要以上に怖がることはありませんが、記憶の片隅にでも留めていただければと思います。

 

原付バイク専門店 仙台東ライダース