仙台で原付のナンバー廃車方法

仙台市で原付バイク原付スクーターのナンバー廃車手続きは各区役所で行います。
※ここで言う廃車手続きとは、ナンバーを区役所に返却し、税金を止める手続きのことを言います。


廃車手続きを自分でやってみる

 

①乗らなくなった原付からナンバーを外します。

ドライバーとズパナあればナンバープレートは簡単に外れます。スパナがなくても裏のナットを手で押さえドライバーだけで緩む場合もありますが、サビていると裏のナットが硬くなっているので、そのときは10mmスパナで裏のナットを固定して回します。ナンバーを取り外すだけなら100円ショップで売っているような工具でも問題ありません。

原付ナンバーを外す工具

+ドライバーと10ミリのスパナを用意します。もしスパナがなければドライバーだけでも頑張れば外せることもあります。

原付 ナンバー 裏

ナンバーの裏。こんな状態でボルトとナットで固定されています。

2016-06-05 12.45.59

こんな感じでスパナでナットを固定します。10ミリのスパナです。

原付ナンバー表

ナンバーの表側。裏をスパナで固定しつつドライバーでボルトを緩めます。

外したナンバーは軽く汚れを落として区役所に持っていきましょう。自賠責保険のステッカーは剥がして出したほうがいいですが、「もう期間が切れている」とか「剥がれない」などの場合は張ったままでも問題ありません。

 

②ナンバー、書類、印鑑を持って区役所に行きます。

原付の標識交付証明書

原付の書類とはコレ、【標識交付証明書】です。こちらは仙台市のもの。

書類とは標識交付証明書。大抵は自賠責保険の書類と一緒にシートの下に入ってます。もし紛失した場合でも役所で相談すれば大丈夫です。印鑑は認印で大丈夫ですが、シャチハタはだめです。自分が住んでいる仙台の各区役所に行きます。

青葉区の方はこちら
太白区の方はこちら
泉区の方はこちら
宮城野区の方はこちら
若林区の方はこちら

区役所に持っていくものはこの3つ

  1. 標識交付証明書 (ない場合は身分証明書を持参)
  2. ナンバープレート
  3. 印鑑
原付の廃車に持っていくもの

ナンバーと書類と印鑑。この3つを持参してください。

③『原付の廃車手続きをしたい』と言って手続きをする

区役所に着いたら受付で「原付の廃車手続きをしたいのですが?・・」と場所を聞いてみよう。案内されるのは税務課や納税課などの税金関係の窓口のはずです。軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(略して廃車申告書)という用紙をもらい記入、捺印してナンバーと一緒に窓口に出すだけです。手続きにお金はいっさいかかりませんので安心してください。10分程度で手続きは終わります。

2016-06-05 11.55.44

区役所で記入する書類がこちら(廃車申告書)です。窓口付近に備え付けてありますので記入し捺印をしましょう。わからない場合は職員さんに聞いてみましょう。

原付廃車申告書

記入例です。標識交付証明書があれば内容を書き写すだけです。わからない場合は職員さんに聞いてみましょう。

記入捺印し窓口に提出したらベンチに座って待ちましょう。平均10分くらいで呼ばれるはずです。控えをもらって廃車されたことを確認しましょう。以上で廃車手続きは終了です。

※原付バイクは毎年4月1日時点の所有者に1年分の税金が課税されます。乗らなくなった場合は3月までに手続きをしておくのがオススメです。

残った原付車体の処分はどうする?

無事ナンバーの手続きが終わりました。「残ったこの原付スクーターはどう処分する?」と思った旦那さん、良かったら下記のページをご覧ください。当社の『原付無料処分サービス』は【車体の処分】と【ナンバーの廃車手続き】がセットで無料です!なのでこのページで説明しました手続きも当社で無料で代行しますので、「手続き面倒だなぁ」と思われた方は是非下記のページをご覧いただき、申し込みいただければと思います。

仙台で原付を処分する|原付無料処分サービス

原付専門 仙台東ライダース ロゴ