レッツ4にお乗りの方で最近遅くなってきたなぁと思ったことはありませんか?もしかしたらその症状5000円程度で劇的に直るかもしれませんよ。仙台でも多い坂道を走行する方や走行距離が7000キロ以上の方は要チェックです。

レッツ4

レッツ4はこんなバイクです

原因はウェイトローラーの減り

スピードが出なくなる要因はいろいろありますが、スズキのスクーター(レッツ4はじめレッツ5,アドレスV50など)は8割がたウェイとローラーの減りが原因です。ウェイトローラーとは回転による遠心力で外側に移動する重りで変速を促すパーツの一部です。車種によって使用数が違うのですがスズキのスクーターはケチって?なのか3個しか入っていません。他メーカーは大体6個はいってますがスズキは3個なので消耗が特に早いです。

ウェイトローラーの交換で嘘みたいに速くなることも

誤解がないように言いますが速くなるといっても要は遅くなったものが元に戻るという意味です。当店でも多いのが『はじめは60キロ近く出ていたのに最近は40キロくらいしか出なくなった』と言われるレッツ4のユーザー様です。走行距離としては5000キロから8000キロくらい走ったらもう交換時期と思っていいです!そんな方はぜひチェックしてみてください!

プーリー

こちらプーリーという部品にウェイトローラーがあります。

プーリー

裏のボルトを3個外し中のウェイトローラーをチェックします。

ウェイトローラー

これが出てきたウェイトローラー、真ん中の物は完全に壊れています。

新品ウェイトローラー

上が新品のウェイトです。ここまで壊れたウェイトでは変則がうまくいかないのは明白です。

ベルトも同時に交換するとなお良い!

ウェイトローラーを交換する際にせっかくなのでドライブベルトも交換することをオススメします。その理由は工程が同じなので工賃がかなり省けますしウェイトローラーが減ってるほど走った車両は大抵ベルトも減っています。ドライブベルトも走行スピードに大いに関係する部品なので一緒に交換するのがいいでしょう。

料金はウェイト交換で5000円程度。ベルト交換でプラス2000円程度。

ウェイトローラーのみ交換であれば工賃こみで5000円程度です。それに加えてドライブベルトを交換する場合も一緒にやると工賃は追加なしでできますので部品代約2000円程度がプラスになるだけです。合計でも7000円程度なのでこれで当初の走りが戻ればけして高くない修理だと思います。「最近スピード出ないなあと」悩んでいる方は是非お試しください!

関連記事

レッツ4の簡単バッテリー交換方法と注意点

なぜか雨の日に調子が悪いレッツ4

走行中突然のエンスト|レッツ4編