車に乗るなら必ずと言っていいほど入る任意保険。
しかし原付となると入る方がぐんと少なくなります・・・

そこで今回は、原付の任意保険の
必要性や選び方などを徹底解説
していきたいと思います!

原付の任意保険の必要性

「どう選べばいいの?」
「いくらくらいかかるの?」
「ファミリーバイク特約って?」

 

私が今回この記事で
1番お伝えしたいことは

「原付を甘く見てはいけない」

ぜひ最後までお付き合いください。

1.任意保険とは?

任意保険とは、
絶対に入らなければいけない
自賠責保険とは違い、
文字通り入るか入らないかを任意で
決めることができる保険のことです。

つまり、
「入るも入らないもあなた次第」
そんな保険です。

自賠責だけじゃダメなの?

「保険って自賠責保険に入ってるから大丈夫なんじゃないの?」

そう思われている方、正直に挙手してください。

はーい

・・・甘いです。

自賠責保険で補償される内容をちゃんと知っていますか?
自賠責保険と任意保険の補償範囲の違いをご覧ください。
=補償される ×=補償されない)

相手側への補償 任意保険 自賠責保険
対人賠償(ケガや死亡等) ○ ※
対物賠償(相手のバイクの破損等) ×

ケガ:最大120万円
死亡:最大3000万円
後遺障害:最大4000万円

 

自分側への補償 任意保険 自賠責保険
人身障害・搭乗者障害 (保険会社によってはオプション) ×
車両保険(バイクや物の破損) (同上) ×

自賠責保険とは、人身事故の際に被害者を救済するための最低限の補償です。
なので自賠責保険で補償されるのは、人身事故の際の相手方の人身傷害だけなんです!
(しかも金額に上限あり)
本当の本当に最低限の補償なのです。

正直言って全然足りません!!!

 

任意保険は全部補償してくれる!?

一方、任意保険では
相手方のバイクなどの物に対する補償や、
自分側の死傷やバイクなどの
物に対する補償
も受けられます。

他にも以下のような補償もある
(オプションの場合もある)ので、
とても安心です。

その他の
補償
任意保険 自賠責保険
ロード
サービス
(保険会社によってはオプション) ×
無保険車
傷害
(同上) ×
弁護士
特約
(同上) ×

自賠責保険は補償も金額も
初めから決められています
が、
任意保険は補償と金額のバランスを
見ながら自分で決められる
のが
最大の特徴です。

何をどこまで補償してほしいかを
自分で選べるので、
対人・対物に対する補償を無制限に補償
してもらうこともできるんです!

実際に任意保険に入っている人はたったの・・・

自賠責保険の頼りなさ、任意保険の安心感がわかってきましたでしょうか?

では実際に任意保険に入っている人はどれくらいいると思いますか?

 

 

ずばり、10人に1人です。

自賠責保険では全然足りないのに、
原付で任意保険に加入している人は
たったの1割程度
しかいません。(※当店調べ)

当に少ないです

 

しかし、ここまで読んでいただいた
みなさんであれば、
任意保険に入った方がいい
思い始めてくれているはず!

原付だからと
あなどることなかれ。
原付だって立派な走る凶器です。
事故を起こせば人を殺してしまうこともあ

だからこそ必要なのが
任意保険なのです!

 

2.任意保険に入っていないととんでもない金額が・・・!

では実際に事故を起こした場合、いくらかかるのでしょう?

万が一事故を起こしてしまい、自分が賠償責任を負わなければいけないケースを見ていきましょう。

 

過去最高の賠償額は5億円!?

今からご紹介する過去の判決例はあくまで最高額の判決例です。
しかし、実際現実に起きた事故なのです。

「もし自分がこの事故の
加害者だったら・・・」

そんな想像をしながら見てみてください。

 

 

過去の高額賠償判決の最高額

 

人身事故で人を死なせてしまった場合の、
過去の高額賠償判決例の最高額↓

5億2853万円

 

物損事故:アクセルの操作ミスで店舗に
突っ込んでいってしまった場合の最高額↓

1億3450万円

※自動車保険の概況 2018年度「損害保険料率算出機構発行」より抜粋

 

 

もし、あなたがこの事故の
加害者だったら

払えますか?

 

私は払えません。

誰が見ても自賠責保険の補償額では足りないことは明確ですね。

しかも自賠責保険では
対物事故に関しては一切補償してくれないんです。

 

3.原付の任意保険には2種類ある

そこでやはり入っておきたいのが任意保険。
実は原付の任意保険には2パターンあります。

1つ目は、単独でバイク保険をかけるパターン。
2つ目は、自動車保険のファミリーバイク特約を付帯するパターン。

単独でバイク保険をかける場合のメリット・デメリット

「任意保険」と聞くとまずこちらを思い浮かべられる方がほとんどではないでしょうか?

単独でバイク保険をかけるメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 補償内容を自分で選べる(金額と補償のバランスを自分で決められる)
  • ロードサービスなど、補償内容が手厚い(保険会社による)
  • 自損事故で自分や同乗者が怪我をした場合や車両に対する補償も受けられる(補償内容による)

 

逆にデメリットもあります。

  • 入ったばかりの頃は等級が低いため、保険料が割高になる場合がある
  • 事故の際、保険を使うと等級が下がり、翌年の保険料が高くなる

 

「でも、どれがいいか
わからない・・・」

そこでおすすめしたいのが
「バイク保険比較サイト」です。



↑こちらからすぐに無料で一括見積もりができます。

最大5社から見積もり可能なので、自分に合った保険を見つけられます!

 

ファミリーバイク特約のメリット・デメリット

もう1つが
「ファミリーバイク特約」を使うパターンです。
ファミリーバイク特約とは、
家族の車にかけている任意保険に付帯できる特約の一種です。
125cc以下のバイク(原付)に限り付帯できる特約です!

 

ファミリーバイク特約のメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 単独でバイク保険をかけるより安い
  • 事故の際、保険を使っても等級が下がらない
  • 1つの特約で何台でも補償してくれる(他人から借りた原付でも補償してくれる保険会社も)
  • 未婚であれば離れて暮らしているお子さんにも付帯できる

 

もちろん、逆にデメリットもあります。

  • 自分・もしくは家族が自動車保険に加入していることが前提
  • 等級がない分何年使っても保険料は一定
  • ロードサービス等はない場合が多い
  • 自分の車両に対する保証がない場合が多い

 

保険会社によってはファミリーバイク特約にオプションで搭乗者傷害特約や人身傷害補償つけられるところもあります。
この辺りはそれぞれ保険会社によって変わってくるので、詳しく知りたい方は自動車保険の方に聞いてみてくださいね。

 

どっちがおすすめ?

 

単独でバイク保険に入るのがオススメの方

  • 通勤通学だけでなく趣味としても長く乗る予定の方
  • 手厚い補償を受けられるようにしておきたい方
  • 30歳以上など、ある程度の年齢制限がつけられる方

 

 

ファミリーバイク特約を付帯するのがオススメの方

  • 大学の4年間など、ある程度乗る期間が決まっている方
  • 原付を何台も所有している方
  • 家族が自動車保険に加入しており、保険料を安く抑えたい方

 

4.保険料はいくら?

また、単独でバイク保険をかける場合には年齢によっても値段が変わってくるんです。

バイク保険に限らず、自動車保険なども「運転者の年齢が〇〇歳以上」といった年齢条件をつけることで保険料が安くなります。
実際にどのくらい差が出るのか、見積もりを出してみました。

条件:新規で原付(125cc以下)を申し込む場合

 

<単独バイク保険の金額>

<39歳男性の場合>
補償が手厚い=80,400円/年
補償が手薄=43,330円/年

<20歳男性の場合>
補償が手厚い=98,930円/年
補償が手薄=58,930円/年

※違いは自身のケガの補償内容にあります。
前者はどんな事故でも自分のケガが補償されますが、後者は自損事故と無保険車相手の事故に限定されるそうです。
こちらは手薄い方でも搭乗者傷害が一部付くのでファミリーバイク特約よりは少し手厚い補償が受けられます。

 

<ファミリーバイク特約の金額>

一方、ファミリーバイク特約の場合は
年齢などは関係ないので、
どの年代でも保険料は変わりません

補償が手厚い=約36,000円/年
補償が手薄=約12,000円/年
※両者の違いは単独バイク保険の場合とほぼ同じです。

8万円も損することも!?

任意保険とファミリーバイク特約を
比較するとその差は何と・・・

・20歳の方の場合では年間最大86,930円
・30代の方の場合でも
年間最大68,400円
(※保険会社やによる)

こんなにも差が出るんです!!!

単純に金額だけ比較すると
ファミリーバイク特約の圧勝です。

しかし金額だけでなく、前章でご説明した補償内容等もじっくり比べて、自分に合った保険・補償をよーく考えてどちらが良いのか見極めましょう!

5.まとめ

単独でバイク保険に
入るのがおすすめな人

  • 家族が車を所有していない方
  • 長く乗る予定だという方
  • ロードサービス車両に対する補償など手厚く補償してほしい方
    ⇒ただし、保険料が高かったり保険を使うと翌年の保険料が上がることも



↑比較サイトを使えばあなたにピッタリの保険が見つかります!


ファミリーバイク特約を
付帯するのがおすすめな人

  • 家族が車を所有している方
  • 原付には大学の4年間しか乗らない等長く乗る予定のない方
  • 最低限の補償で十分だという方
    ⇒ただし、ロードサービスや車両に対する補償がない場合が多い。

 

それぞれのメリット・デメリットを見極めて、自分に合った任意保険を選んでくださいね!

 

くれぐれも
「原付だから大丈夫」
という考えは捨てて
「原付でも人を殺して
しまうこともある」

という自覚を持って任意保険に加入してくれる人が増えるよう願って終わりとさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。