マグナ50に乗ってる人へ

このページの目的は・・・

マグナを末永く乗り、もっと楽しむために

絶対にかかせないメンテナンスを知り
その費用と自分でできる方法を知り
初めてのカスタムにピッタリのパーツを知り

もっとマグナを好きになるためのページです。

原付専門店 店舗

原付バイク専門店がまとめました。

マグナ50のメンテナンスと初めてのカスタム

 

 

MAGNA FIFTY メンテナンスデータ

まずはマグナのメンテナンス情報を表にまとめました。

各メンテナンスの際にお役立てください。

マグナ50 (AC13)
年式 1995年~2007年
エンジンオイル量 0.6L(交換時)
エンジンオイル粘度 10W/30
チェーンサイズ/リンク数 420/100L
スプロケット歯数F/R 前15丁/後42丁
タイヤサイズ フロント 80/100-16
タイヤサイズ リア 4.50-12
タイヤ空気圧(前後共通) 150kPa(1.50kgf/cm2)
プラグ CR6HSA
バッテリー 4A-5または4A-BS
ヘッドライトバルブ 12V30/30W
テールライトバルブ 12V5/18W
バルブクリアランス 0.05mm±0.02mm(IN・EX共通)
フロントフォークオイル量 173.5cc

※表のデータはすべて純正ノーマルの数値になります。スプロケットの歯数が変わるとチェーンのリンク数もかわりますのでご注意ください。

マグナを長く乗るための、必須メンテ3つ

マグナ50はミッション車なのでスクーターとは整備内容も異なります。

当店でマグナの整備、メンテ経験を元に気をつけたい整備のツボをご紹介します。

 

やっていただきたいメンテは多々ありますがその中でも最も重要な3つのメンテをご紹介します。

それは・・・

  1. オイル交換
  2. チェーン調整
  3. 洗車、サビ予防

この3つになります。
一つ一つ詳しくみていきましょう。

オイル交換

マグナ50は4サイクルエンジンなので定期的なエンジンオイル交換が必要です。

オイルはバイクの血液で走行しなくても劣化や汚れが進みます。

半年に1度は最低限オイル交換をお願いします。

オイル交換の料金

オイル交換の料金は使うオイルの種類と工賃の値段で決まります。

当店で50ccのオイル交換は工賃込で1000円でやっております。
(使うオイルはワコーズのプロステージSです)

バイク屋さんによって多少の差はあるでしょうが、大抵は1000円~2000円程度でできます。

詳しくはコチラのページもご覧ください↓
オイル交換 頻度や料金、やらないとどうなる?

チェーンの調整

マグナ50はチェーン駆動になりますので定期的なチェーン調整が必要です。

走行すると少しずつドライブチェーンは伸びていきます。

伸びてたるんだチェーンは走行中に外れる恐れがありますので確実に調整しましょう。

頻度はオイル交換の度に見てもらうのがオススメですが長距離を乗る方は常にチェーンのたるみを自己チェックしてください。

チェーン調整の料金

チェーン調整の料金は当店では500円でやっております。

他店様の価格はわかりませんが大した工賃はかからない作業になります。

何かの修理のついでに無料で行うことも多々あります。

洗車、サビ予防

マグナはメッキ部品が多用されているアメリカンバイクです。

そのメッキ部分が錆びついてきてしまうと一気に見た目の劣化が酷くなります。

たまに洗車をしてさらにコーティング剤などでサビ予防を心がけていきましょう!

愛車を綺麗に保つ方法

当店の展示車両はいつもキレイにピカピカにしてお客様をお迎えしています。

実はそのためにかかせないアイテムがあります。

ワコーズのバリアスコートです!


ワコーズ バリアスコート プラスチック、塗装、金属の洗浄・保護・コート剤 300ml

当店の中古車仕上げにも使っているバリアスコートはかなりオススメです。
ビカビカになり艶に深みが出る上、ガラス系のコーティングで保護効果が持続します。

価格は高いですが上質でかなりの年数持ちます。
当店で毎日使って半年くらい持つのでご家庭で一台のバイクへ利用するならたぶん10年は持ちますwww

 

以上が必須メンテナンスのご紹介になります。

今回紹介した以外にもブレーキ回りやフロントフォーク、プラグ、エアクリなどメンテナンスは必要です。

定期点検をしてこれらの整備も行うようにお願いします。

MAGNA FIFTY 初めてのカスタム

マグナ50はカスタムパーツが豊富なのでいじって遊ぶにはもってこい。

原付専門店が厳選した初心者にもおすすめのカスタムパーツをご紹介します。

リセール時にもマイナス査定ににならない考慮もして選びましたので是非お試しあれ。

マフラー交換

ノーマルマフラーでも迫力の音を奏でるマグナですが、社外マフラーに変えると『別のバイクに生まれ変わった?』ようにさらに迫力が増しますのでオススメです。

マフラーは交換作業も比較的簡単ですので是非トライしてみてください。

※ただしマフラーの根本のナットは錆びついて取れにくい事や最悪折れたり舐めたりするので整備に自信がない人はバイク屋さんで交換してもらいましょう。

マフラー根元のナットは舐めたり、折れたりしがちなので注意!

マグナ50おすすめマフラー

ハリケーンのスラッシュカット

ハリケーン (HURRICANE) バイクマフラー フルエキゾースト SS-1 スラッシュカット マグナ50 HE1005M

ハンドルで有名なハリケーン(大阪単車用品工業)ですがマフラーも中々いいです。

造形や質感の出来栄えが高く音もいい!
そしてこの完成度にしてお値段1万円!
コスパが高い優良品ですのでオススメです!

注意!

マフラーを社外品に交換しても純正マフラーは捨てずに持っておいてください。

いざ売却しようと査定に出したときに社外マフラーのみだとマイナス査定になります。

逆に純正もあり、社外品がいい状態で装着されていますとプラス査定なので是非保管しておいてください。

シート交換

マグナ50の純正シートは座り心地も良く頑丈なので優秀なシートです。

ただ、シートを変えると印象がガラッと変わりカスタム感が一気にでますので、オススメです。

当店おすすめシート

デイトナ製コブラシート


デイトナ(DAYTONA) カスタムシート/スムースコブラ

バイクのカスタムパーツで有名なデイトナ製のコブラシートです。

当店でも何度か扱いましたが質感がとても良くさすがデイトナという感じです。

印象が大きく変わりますので気分一新するにはオススメです。

ただしクッション性が落ちますので長距離走行時はお尻が痛くなるかもwww

注意!

シートもマフラー同様にリセール時にはノーマルパーツがあったほうが査定がいいはずです。

純正シートも捨てずに大事に保管しておきましょう。 

 

MAGNA FIFTY メンテ・カスタム まとめ

  • メンテナンスデータは整備の度に見直す
  • メンテはオイル交換、チェーン調整、サビ予防は必須
  • 最初のカスタムはマフラーとシートがオススメ

以上がマグナ50のメンテ・カスタムのご紹介になります。

長文読んでいただきありがとうございました。



バイク買取一括無料査定

仙台東ライダース TOP

 

関連記事

マグナ50、中古車選びのコツと隠れた長所・弱点とは・・・

原付のオイル交換 頻度や料金、やらないとどうなる?

原付のバッテリー、交換方法?値段は?寿命?どこでやる?