原付バイクのバッテリー交換をでやってみようと思ったあなた

近頃バッテリーが弱ってきたのを感じるあなた

交換を自分でやろうかバイク屋でやろうか迷っているあなたも

原付のバッテリーの様々な疑問を解決するページですので良かったらご覧ください。

原付のバッテリー交換あれこれ

このページの目的はこの4つ

  1. バッテリー交換が必要か否かを見分ける
  2. バッテリーの価格を知り自分でやるかバイク屋でやるか選ぶ
  3. おすすめのバッテリーを知り粗悪品を避ける
  4. バッテリーの交換方法を知りやってみる

原付のバッテリーのあれこれを解決したいと思いますので参考にしてください。

1、充電で復活?バッテリー交換が必要かどうかを見分ける方法

まず最初に触れるのはバッテリーの交換が必要なのかを見分ける方法についてです。

場合によっては充電でOKなこともありますしそもそもバッテリーが原因ではない可能性もあるので慎重に見ていきましょう。

バッテリーが弱くなると見られる症状

  • セルスターターの音が弱々しくなる。
  • キックでしかエンジンがかからない。
  • ウィンカーの点灯・点滅が弱くなりしまいには点滅しなくなる。
  • ホーンの音が変

これらの症状が出ている場合はバッテリーが弱い可能性が高いです。

エンジンをかけずに試してみて

試しにキーをONにして”エンジンをかけずに”ウィンカーやホーンを操作したらどうでしょうか?

①問題なくウィンカーは点滅するしホーンも力強くなる
または
②ウィンカーは点滅しないしホーンの音も小さく変、もしくはうんともすんとも言わない

の方、その状態でセルスターターでエンジンがかかればバッテリーは問題ありません。

の方、バッテリーが弱いので交換か充電をしましょう。

充電でいいとき、交換が必要なとき

原付のバッテリーで充電で治る事はかなりレアケースになります。

原付は走行中に充電されますので普段頻繁に使っているバイクでは充電切れは起こりません。

頻繁に使っているのにバッテリーが弱ったら・・

それは寿命です!

 

逆にしばらく乗ってなくてバッテリーが上がってしまった時、実はこれもバッテリー交換が必要な場合がほとんどです。

放電状態で長期間放置してしまうとバッテリーは死んでしまい充電ができなくなります。

 

ではどんな時は充電でOKなのでしょうか。

それは・・

『うっかりキーをONにしたまま長時間経ちバッテリーがあがってしまった。』

『エンジンがかからずセルスターターを回しすぎた結果バッテリーを上げてしまった。』

この2パターンくらいではないでしょうか?

 

つまり上の2パターン以外でバッテリー上がりや弱さを感じた時は交換が必要な時ということです。

原付のバッテリー寿命は何年?

バッテリーの寿命は利用頻度やバッテリーの種類によって大きく変わります。

毎日適度な距離を走行する場合、バッテリーは長持ちします。

一方でたまにしか乗らない、冬の間は数か月使わないなど頻度が低い場合、バッテリーの寿命は短くなります。

平均しますと新車搭載のバッテリーで約4~5年は持ちます。

あまりに安いバッテリーを選ぶと数か月しか持たないなんてこともありますので吟味して購入してください。

 

2、バッテリーの価格 自分でやる値段、バイク屋でやる値段

次はバッテリーのお値段についてです。

価格によっては自分でやるか、バイク屋でやってもらうか迷う人が多いと思いますのでご紹介します。

自分でやる場合

自分でやるならバッテリーの購入価格だけですみます。

バッテリーはピンキリですので選ぶモノによって大きく差がでます。

 

例えばコスパが良い台湾YUASAのバッテリーだと品番によって約2000円~3000円程度で済みます。
(AMAZON価格)

一方信頼の日本製、古河やGSユアサなどは5000円~10000円程度します。
(AMAZON価格)

バイク屋でやる場合

バイク屋さんに依頼すれば早いし安心ですが価格は少々高くなります。

それは【工賃】や【古バッテリー処分代】【販売利益】などが載ってくるからです。

価格はお店や品番、売られているバッテリーによってまちまちですが相場として

5000円~20000円程度はします。
(当店でも店頭販売価格は取付・処分代込みで5900円~となります)

自分でやれば半額くらいで済む

つまりは自分でネットで購入し自分で交換をすれば半額程度で抑えられるということです。

手間をかけて自分でやり半額で抑えるのか?

バイク屋に依頼し少々の金額と引き換えに時間と安心を得るのか?

決めるのはあなた次第です!

 

3、おすすめのバッテリー、粗悪品を避ける!

バッテリーは正にピンキリ、平気で粗悪な商品がネット上に出回っています、これマジで。

当店でも様々なバッテリーを試しました。

そしてある結論に達しました。

それは・・・

『安いのは安いなり』
でも
『高くても悪いのあるから注意』
これです。

安すぎるバッテリーは数か月でダメになったり、初期不良が多かったりさんざんでした。

でもたまに価格はそこまで安くないのに低品質なものもありました。

つまり安すぎるのを避けて、価格が高くても油断せず吟味する他ありません。

 

もしメーカーなどに特にこだわりがない人は以下で当店が厳選した2つのバッテリーをオススメします。

まずはバッテリーの品番を確認

 

オススメのバッテリーをご紹介する前に自分の原付バイクのバッテリー品番をしらなきゃ話になりません。

下の表に主要な原付のバッテリー品番をまとめましたのでご確認ください。

バッテリー適合表

メーカー 車種(型式) バッテリー品番
HONDA トゥデイ(AF61/AF67) 4L-BS
ディオ(AF62/AF68) 4L-BS
ジョルノ(AF70) 4L-BS
ズーマー(AF58) 7S
YAMAHA ジョグ(SA36J/39J) 5L-BS
ジョグ(SA55J/56J) 5L-BS
ビーノ(SA26J/37J/54J) 5L-BS
VOX(SA31J) 5L-BS
ジョグ/BJ(SA16J/24J) 4L-BS
SUZUKI レッツ4(CA41A/45A/46A) 4L-BS
アドレスV50(CA42A/44A) 4L-BS
レッツ5(CA47A) 4L-BS
パレット(CA41A/45A/46A) 4L-BS

原付専門店が厳選したオススメバッテリー

コスパ1位、台湾YUASA


安いのはダメとさんざん言ってきましたがこの台湾ユアサは比較的安くそれなりに品質が保たれたコスパが良い商品です。

品番によりますがアマゾン価格で2000円程度からありますのでかなり安いですがしっかり初期充電をすれば長持ちしますし初期不良もほぼありません。
(すくなくとも当店では初期不良は1度もありません)

コスパ重視で充分使える品質をお求めの方にオススメです。

    

台湾YUASAの4L-BSと5L-BSはこちら↑

信頼の日本製、古河バッテリー

少々値がはりますが品質、信頼性申し分ないバッテリーが古河電池です。

バッテリー本体にHONDAのマークが入っているのも信頼の証し。
もちろんヤマハ車スズキ車にもオススメです。

とにかく長持ちさせたい人は国産の古河がオススメです!

  

古河の4L-BSと5L-BSはこちら↑

もっと安いバッテリーもありますが・・

経験上、本当に安いのは安いなりの品質なので最低限、台湾YUASA以上をオススメします。

台湾ユアサでも2000円代くらいで購入できますので十分安いです!

ちょっと金額出してもいいから高品質で持ちがいいやつなら古河で決まりです。

 

4、自分でやるバッテリー交換方法

バッテリー交換を自分でやってみると決意したあなたに実際の交換方法をご紹介します。

今回は3大メーカーのホンダ、ヤマハ、ススキの各メーカーを代表してトゥデイ、ビーノ、レッツ4の交換方法をまとめます。

最初に共通するバッテリー交換方法のやり方や注意点を確認して、後半にそれぞれの車種の詳しい交換方法を説明します。

バッテリーの交換方法の手順

  1. 新しいバッテリーを準備する
  2. カバーなどを外しバッテリーを見つける
  3. 配線を外しバッテリーを取り出す
  4. ニューバッテリーを入れて配線を付ける
  5. カバー類を元に戻す

以上ざっくり5項目がバッテリー交換の手順になります。

新しバッテリーを準備する

カバーを開けてバッテリーを見つける

配線を外して本体を抜き取る

配線を逆手順で元に戻す

カバー類を元に戻す

    

注意!配線を外す順番はマイナスから!

バッテリーの交換での注意は2つ

まずはプラスマイナスを逆に付けないこと!基本です!

 

そして2つ目がバッテリー配線を外す順番、付ける順番です。

外すときはマイナスから!

逆に・・

付けるときはプラスから!

こちらも基本ですからしっかり守ってください。

 

それでは車種別のバッテリー交換方法のご紹介です。

ホンダ トゥデイのバッテリー交換方法

トゥデイ

ホンダのトゥデイのバッテリーはステップボードの下にあります。

プラスネジ1本で固定されてるだけなので簡単に外せます。

カバーを取ったら先ほどの手順を参考に交換するだけです。

詳しく説明したページがありますので良かったらご覧ください↓
トゥデイのバッテリー交換方法と注意点。

ホンダ ジョルノのバッテリー交換方法

ホンダ ジョルノ

ジョルノ(AF70)

ホンダのジョルノ(AF70)のバッテリーもステップボードの下にあります。

まずはゴムマットを手で剥がします。

カバーはプラスネジ1本で固定されてるだけなので簡単に外せます。

カバーを取ったら先ほどの手順を参考に交換するだけです。

詳しく説明したページがありますので良かったらご覧ください↓
ジョルノのバッテリー交換方法と注意点。

ヤマハ ビーノのバッテリー交換方法

ヤマハのビーノもステップボードの下にバッテリーが格納されています。

フロアマットを外し星形の特殊ネジを外せばバッテリーがお目見えします。

その後は先ほどの手順どおりにバッテリーを入れ替えるだけです。

詳しくはこちらのページご覧ください↓
ビーノのバッテリ-交換方法と注意点

ヤマハ VOXのバッテリー交換方法

VOX

YAMAHAボックスのバッテリーはメットインボックスの中に格納されています。

シートを開けて、ネジを2本外し、カバーを取ればお目見えします。

その後は同じです。手順通りに入れ替えるだけです。

詳しくはこちら↓
VOXのバッテリー交換方法と注意点

スズキ レッツ4のバッテリー交換方法

スズキレッツ4もバッテリーはステップボードの下です。

六角のネジを外しカバーを取ればバッテリーがあります。

後の手順は一緒です。

詳しくはこちらで確認ください↓
レッツ4のバッテリー交換方法と注意点。

交換後の古バッテリーは法令遵守で処分してください。

バッテリーの処分は各自治体の処分方法を確認して適切に行ってください。

当店ではバッテリー処分は無料で行っています(持ち込みのみです)

お近くのバイク屋さんやスタンド等に相談してみると意外と引き取ってくれるところあると思います。

 

原付のバッテリー交換 まとめ

  • まずはバッテリー交換が必要なのか見きわめる
  • 自分でやれば安いが時間と安心をお金で買うと思えばバイク屋で
  • 安すぎるバッテリーは避け、最低限台湾ユアサがオススメ
  • 各ページを参考に交換作業は慎重に行う

原付バイク専門店 仙台東ライダース TOP

 

関連記事

原付のオイル交換 頻度や料金、やる場所は?やらないとどうなる?

トゥデイのバッテリー交換方法と注意点。

レッツ4のバッテリー交換方法と注意点。