JOGが突然のエンスト!

4サイクルJOG(SA36J/39J)にお乗りの方
高年式で走行も少なめなのに
突然のエンストに見舞われた方
走行中なんの前触れもなく突如エンジン停止

そんのときはあそこが壊れているかもしれません。


警告灯が点灯してるかチェック!

原付メーター

突然のエンストに見舞われたときは
まずメーターのエンジン警告灯が点いているかを見てください!
右上のエンジンマークのランプです
点滅しているなら点滅間隔をよーく見ておくのが大切です。

バイク屋さんに電話するときにその時の状況を正しく伝えることが
スムーズに、安く、修理を終わらせるコツになります。


 

原因はコイル回りの断線!?

ヤマハJOG コイル
イグニッションコイルの
ギボシの根元部分で折れて断線しています!
(写真わかりにくいですが、ギボシを抜いたのではなく折れて外れていた状態です)
これではエンジンがかかる訳がないです。
イグニッションコイルの交換で修理完了です。


修理料金は意外と安い!?

価格は工賃込みで5000円~8000円程度になると思います。
エンストを起こす原因は他にも
燃料ポンプの故障や
プラグキャップの故障などが多いです。
見分け方として断線系は
警告灯が点滅する。
警告灯が点かずにエンジンがかからない
場合は燃料ポンプを疑いましょう。

仙台東ライダース 原付専門

関連記事

エンジンがかからない5大原因と修理価格|ビーノ

自分でやるバッテリー交換方法|ビーノ