原付用の冬タイヤで迷ったらお読みください。

仙台の原付ユーザーの必需品、原付用の冬タイヤ(スノータイヤ)
毎年多くのお客様に問い合わせいただくのが、「スパイクとスタッドレスどっちがいいの?」です。
どちらのタイヤもメリット、デメリットあるので、自分にはどちらがあっているかを考えてみましょう。

スパイク/スタッドレスの価格情報はこちらのページへ

原付冬タイヤ スパイク スタッドレス


スパイクタイヤの特徴

原付用スパイクタイヤ

原付用スパイクタイヤ

 

写真で見てわかるように金属のピン(スタッド)がタイヤに埋め込まれています。
昔は4輪車でも使われていましたが、粉塵の問題で禁止されました。
原付は冬季間に限り使用が認められています。
スパイクタイヤの特徴、メリットデメリットは以下になります。

【スパイクタイヤ】メリット・デメリット

メリット

  • 凍結路面での効きは最高
  • 意外と長持ちする(平均3シーズンくらいは持つ)

デメリット

  • 価格がスタッドレスより高い
  • 最高速は落ち、ハンドルがとられるような違和感がある

スパイクタイヤの一番の良さは凍結路面での効きです!
ピンが路面を引っ掻くのでアイスバーンでの安心感が段違いです。
一方普通のドライ路面での走り心地は悪いと言わざるをえません。
真っ直ぐ走るのも違和感があり、曲がる際に車体を倒しにくくなります。

アイスバーンはスパイクじゃないとキツイ

スパイクタイヤがピッタリな人

  • 坂道を多く走る人
  • 早朝や夜など凍結路面走行が多い人
  • 冬季間ずっと雪道になるくらい雪国での使用

坂道では『登らない!止まらない!』は命取りになります。
早朝や夜はなおさら危険ですのでスパイクタイヤがオススメです。


スタッドレスタイヤの特徴

原付用スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ(スノータイヤと呼ぶことも)

スタッドレスタイヤ

スタッド(ピン)がレス(ない)、ピンがない冬用タイヤになります。
現在四輪車で使われている冬タイヤがスタッドレスなので馴染みがあると思います。
スタッドレスタイヤの特徴、メリット・デメリットは以下になります。

【スタッドレスタイヤ】メリット・デメリット

メリット

  • 価格がスパイクに比べて安い
  • ドライ路面での走りは、普通タイヤより落ちるがスパイクよりはだいぶ良い
  • 使用期間の制限はない

デメリット

  • アイスバーンでは無力、雪道はそこそこ走れる
  • 消耗が早い(平均2シーズン程度)

スタッドレスの良さは価格の安さと、ノーマルタイヤにより近い走り心地です。
新雪の雪道などは走れますが、テッカテカのアイスバーンでは正直効きません。
期間の制限はありませんので、通年はいている方もたまにいます。
ただし消耗がスパイクやノーマルタイヤに比べ早いのが難点です。

原付 雪道

スタッドレスタイヤがピッタリな人

  • 凍結したり、雪道になることが年数回程度な地域で使用
  • 坂道や早朝、夜はあまり走らない人
  • 夏タイヤと同じような走りを失いたくない人
  • 凍結路面はなるべく走らないようにしてるが念のため

仙台では雪道や凍結路面はひと冬で数回~10回程度の年が多いです。
その数回のためにスパイクタイヤはオーバーすぎると思う方はスタッドレスが良いと思います。
『仕事帰りに突然の雪、そんな時でもなんとか帰るための備え』このような考えならスタッドレスがピッタリです。


スパイク×スタッドレスの混合装着もアリ!

ここまで読んでまだ迷う、そんなアナタにいい方法があります。
前輪にはスタッドレス、後輪にはスパイクを装着するハイブリッド履きがオススメです!

フロントタイヤはスタッドレス、リアタイヤはスパイク!
混ぜて履いてもいいの!?

前タイヤは主に舵取りの役目なので乗り心地が良いスタッドレスがピッタリ。
後タイヤは駆動するので滑っては進まない、利きが良いスパイクを履かせる。
良いとこ取りの最強コンビです。

 

迷ったらどっちも試しちゃう!

消耗が早いスタッドレスを前タイヤに履かせるので、タイヤの持ちを考えても利にかなってます。
『冬タイヤを始めて買うのでどうしても決められない』人はこちらで試してみるのが得策です。


まとめ 原付用冬タイヤは何がいい?

朝晩走る、坂道走る、安全重視の人は・・・スパイクタイヤ!

ドライ路面中心に走るが念のための備えは・・・スタッドレス!

初めてなので迷っちゃう人は・・・スタッドレスとスパイクの混合履き!

 

最後にご注意ですが、凍結路面はどちらにしても危険です。スパイクだろうが何だろうが滑ります。
雪道、凍結道では「急が付く運転」はぜずに、「ゆっくり走り、ゆっくり止まる。」を徹底してください。

 

冬タイヤの交換や価格表はこちら


原付バイク専門店 仙台東ライダース