タイヤの空気抜けてますよ!?

原付バイクは普段の足として活躍する一方、メンテナンスはないがしろになりがち。

しかしノーメンテでは
バイクが調子悪くなるばかりか、重大な事故にもなりかねません。

今回、誰にでも出来る日常的なメンテナンスとして
【タイヤのエアチェック】をご紹介します。

タイヤの空気チェックはあたりまえ過ぎて忘れちゃってる人が多いです。

このページを見てしまった人は

必ず実行してください!

タイヤの空気圧チェックをしよう!

普段乗っている原付のタイヤは空気が抜けていても気づきにくいものです。

タイヤのエア補充は自分で簡単にできますので、定期的に行うようにしましょう。

タイヤの空気は自然と抜けます!

原付タイヤ パンク

ホイールとタイヤの合わせ面に隙間ができているのがわかりますか?

最近立て続けに「パンクしたんですけど~」と連絡があり駆けつけてみると、
画像のようにタイヤがホイールから外れてしまっているということがありました。

この症状はタイヤの空気圧不足によるもので、けしてパンクしたのではありません。

空気圧不足は燃費の悪化やタイヤのグリップ力不足、スピードの低下などを引き起こし

この状態のまま走行しているとタイヤとホイールが完全に外れてしまい非常に危険です。

タイヤがホイールから外れてしまった状態。

タイヤの空気は月に1度チェック!

一見空気入ってそうなタイヤですが・・・

乗るとこんなにタイヤが潰れます!空気がほとんど入ってないんです。

タイヤの空気はパンクしていなくても徐々に抜けていきます。

特に原付の場合はタイヤが小さいため空気圧の低下も早いです。

その為当店では最低でも月に一度は空気圧のチェックをおすすめしています。

ガソリンスタンドでチェックできる!?

ガソリンスタンド GS

それでは空気圧のチェック方法を説明します。
① ガソリンを入れに行きます。
② ガソリンスタンドのスタッフを見つけます。
③ スタッフに「空気圧チェックしてください」と言います。

これだけなので誰にでも出来ますね!

スタンドで何キロにしますか?と聞かれたら『2キロ入れてください』

「空気圧はどのくらいにしますか?」と聞かれた場合は下表から自分のバイクに合った空気圧を言ってあげてください。

(エアの単位は1.25kg/cm2と書いて「イッテンニーゴーキロ」と読んでいいと思います。)

原付専門店 店舗

ちなみに当店の納車時の空気圧は50ccスクーターで2キロにしています。

メーカー指定よりも少し多めですが当店スタッフが試行錯誤し、しっくりきた2キロの空気圧を採用しています。

自分のバイクの空気圧がわからない人は『2キロ入れてください』でOKです。

原付の主要バイク空気圧表

単位は(kg/cm2)です。

ホンダ

車種名

ディオ
AF27

1.25

2.00

ディオ
AF34

1.25

2.00

ディオ
AF62/AF68

1.25

2.00

トゥデイ
AF61/AF67

1.25

2.00

ジョルノ
AF70/AF77

1.25

2.00

クレアスクーピー

1.25

2.00

バイト

1.25

2.00

ズーマー

1.75

1.75

スーパーカブ

1.75

2.00

リトルカブ

1.75

2.00

エイプ50

1.75

1.75

PCX125
JF56/JF81

2.00

2.25

ヤマハ

車種名

ジョグ
3KJ

1.25

1.75

ジョグ
3YJ

1.25

1.75

ジョグZ
3YK

1.25

1.75

アプリオ

1.25

1.75

VOX

1.75

1.75

ジョグ
SA16J

1.50

1.75

ジョグ
SA36J/39J/55J

1.50

1.75

ビーノ
SA26J/37J

1.50

1.75

ビーノ
5AU

1.25

1.75

YB-1
F5B(2スト)

1.50

2.0

YB-1
UA05J(4スト)

1.75

2.0

グランドアクシス

1.75

2.25

スズキ

車種名

レッツ4

1.25

1.75

アドレスV50

1.25

1.75

ZZ
CA1PB

1.25

1.75

V125
CF46A/CF4EA

1.75

2.25

自分で空気圧をチェックする!

自分でやるエアチェックの方法をご紹介します。

  1. バルブキャップを外す
  2. エアゲージを押し当てる
  3. ゲージを見る
  4. バルブキャップを戻す

以上です。簡単ですね!
写真で詳しく解説します。

エアバルブ、つまり空気の入り口です。

キャップを外します。

この状態で準備OK。

こちらがエアゲージです。

バルブの口にしっかり合わせます。

エアバルブの口に押し当て、押し込みます。

ゲージの針が動き空気圧を示します。

要するにバルブにゲージを押し当てると針が動くってことです。

空気圧を測ったらバルブキャップを戻します。

エアゲージがあれば日常的に空気圧が調べられるので安心です。
車にも共通で使えますので一家に1本エアゲージは必需品!

オススメのエアゲージ

当店でも使用中、エトスデザインのエアゲージです。
原付のエアバルブ回りは非常に狭く車用では入らないこともあります。
チャック部分が小さく360°回るので原付用にピッタリです。

自分で空気を入れる方法

次は空気を補充する方法を解説していきます。

簡単ですので是非やってみてください。

セルフスタンドでは自分で調整!

最近はセルフスタンドも多くエアチェックも自分でできるようになっています。

上の表を参考に自分で空気をいれてみましょう。

走りも燃費も良くなるはずです!

空気を入れる手順は以下のとおりです。

  1. バルブキャップを外す
  2. エアゲージで空気圧を測る
  3. エアが多ければ抜き、少なければ補充する
  4. 再びエアゲージで測る
  5. バルブキャップを戻す

以上です。簡単ですね。

注意!!
エアを入れすぎてタイヤを破裂させないように注意!
空気を入れる時は様子をみながら少しずつ補充してください。
一気にたくさんの空気を入れるとタイヤが破裂する恐れがあり非常に危険です。

画像で詳しく説明します。

空気入れです。エアチャックとかエアインフレーターなどと言います。

こちらのエアチャックを使います。

コンプレッサーのエアホースに繋ぎます。

バルブのキャップを外します。

キャップが取れたエアバルブの状態です。

エアチャックをバルブに合わせます。

しっかり押し当てるとエアが充填されていきます。

補充したらゲージで空気圧を測ります。

空気が多ければエアを抜き、少なければさらに補充して微調整してください。

ガンタイプの空気入れ

ガンタイプのエアチャックもご紹介します。
ガソリンスタンドではこのタイプをよく見かけます。

エアチャックガンです。

エアホースに繋ぎます。

バルブの蓋は外しておきます。

チャック部分をバルブに押し当てます。

すると針が振れ空気圧が表示されます。

そのままガンを握るとエアが充填されます。規定の空気圧まで補充するだけです。

ガンを軽く握ると逆にエアが抜けますので調整がとても楽です。

以上が自分でやる空気の入れ方になります。
コンプレッサーが必要ですのでセルフスタンドなどでエア補充する際の参考にしてください。

空気の入れすぎやエアバルブの破損などに気をつけて慎重に作業してください。

オススメのエアチャック

デイトナ製のエアチャックです。車・バイク・原付・自転車すべてに利用できます。チャック角度が90°なので原付には特にオススメです。

 

原付の空気圧
まとめ

  • タイヤの空気は自然と抜ける
  • 月イチでエアチェック
  • 空気補充はガソリンスタンド
  • 車種別の空気圧を参考に入れる
  • 自分でやる場合は慎重に

以上が【原付の空気を入れる】の説明になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。



バイク買取一括無料査定

仙台東ライダース

関連記事

タイヤがパンクしたら読むページ

原付,オイル交換のやり方と注意点
50cc車種別

原付のバッテリー交換方法。
値段は?寿命?どこでやる?

原付のタイヤ交換 料金,やる場所
寿命?やらないとどうなる?