原付スクーターのエンジンオイル交換、どのくらいの間隔でやるのが適切か?
料金はいくらかかるの?交換方法は?やらないとどうなるの?スタンドでやってもらうの?
など原付のオイル交換に関する疑問にお答えする記事になります。

オイル交換、費用・頻度・注意点などオイルのあれこれ

オイル

ホンダのバイク用4サイクルエンジンオイル

原付バイクのエンジンの中で潤滑や冷却などを担っている大切なモノ、それがオイルです。
普段バイクに乗っている方の多くはオイル交換の必要性は感じつつも遅れたり怠ったりしがち。
しかしバイクにとってエンジンオイルは血液のごとくとても重要な存在です。
オイル交換をせずにバイクが壊れてしまう現場を数々見てきましたので注意喚起の意味でも詳しくまとめていきます。

オイル交換ってほんとに必要なの?やらないとどうなる?

原付バイク、スクーターは現在4サイクルというエンジンが主流です。
4サイクルエンジンはオイルがエンジン内に留まり潤滑、冷却、防錆などの役目をはたします。
走行や時間経過で汚れや酸化が進み、オイル量の不足などもおこります。
それを防ぐためにオイル交換は必ず必要になります。

オイル交換が必要な理由それは予防です!

例えば熱中症を予防しようと思ったときににあなたは何をしますか?
水分を小まめにとる。室内の温度と湿度を低くする。塩分をとる。涼しい衣服を身に付けるなど考えますよね。

原付のエンジンの故障を予防しようと思ったときにすることが『オイル交換なのです』

オイル交換をやらずに走り続けると・・

結論を言いますとある日突然エンジンが壊れてしまいます。
潤滑、冷却の性能が徐々に下がり限界を超えたその瞬間にバイクは動かなくなります!
『保険金目当てに旦那へ毎日少しづつ毒を盛っていき気づかれないように殺害してしまう』そんな殺人犯のようです
バイクを【確実に早くこっそり壊したい】そんな人にはオイル交換をしないのがオススメです。

気づかないだけでバイクは悲鳴をあげています

エンジンが完全に壊れる前の段階でも性能の低下などはおこっているはずです。
毎日乗っていると気づきにくいですが、パワー低下や始動性低下、異音などがじわじわ現れます。
ある日突然動かなくなるその前にオイル交換をしておきましょう!

オイル交換の適切な間隔、頻度は?

各バイクメーカからオイル交換の目安時期が指定されています。
ただしこのメーカー指定の頻度でははっきり言って危険です!
その理由は後で触れるとしてはじめに原付3メーカー代表車種の交換時期をまとめます。

各メーカー推奨オイル交換の時期

メーカ / 車種 走行距離 経過期間 (新車時初回交換)
HONDA / トゥデイ(AF61、AF67) 3000km毎 1年ごと 1か月または1000km
HONDA / スーパーカブ(C50、AA01) 3000km毎 指定なし 1000km
HONDA / スマートディオ(AF56) 6000km毎 指定なし 1000km
YAMAHA / ビーノ(SA26J) 3000km毎 指定なし 1000km
SUZUKI / レッツ4(CA41A/45A) 3000km毎 1年ごと 1000km

上の表を見ると大体の車種が3000kmごとまたは1年ごとの交換を推奨しています。
ただし長年原付のエンジン故障を見てきた我々の意見としては1年ごとのオイル交換では遅すぎます!
3000キロ毎や1年ごとではエンジンが壊れてしまう可能性が高いと言わざるを得ません。

メーカー推奨を守ったらエンジンが壊れる!?

ではなぜメーカーはこんな流暢な交換時期を推奨するのか?
それには一つの秘密があると考えられますので下で紐解いていきます。

日常的にオイル量の点検してますか?

日常点検というのをご存知でしょうか?
取り扱い説明書などに記載されていますがやってるという人は少ないと思います。

原付 中古車 オイル交換

エンジンオイル量のチェック風景

日常点検とは・・乗る方の判断で日常的に行う点検でブレーキやタイヤ、オイル、灯火類などの項目があります。
その中でオイル量の点検も行うようにメーカーは指定しています。
つまりオイル交換の時期は日常的にオイルの点検を行う前提で作られているわけです。

メーカーが伝えたいのは『日常的にオイルの量を点検・補充する人なら3000km毎や1年ごとでもいいですよ』

前提として4サイクルエンジンでもオイルは少しだけ減っていきます。
4サイクルと2サイクルがわからない方はこちらもご覧ください

走り方や使用環境によってはオイルの減少量もかわります。
オイル量が少ない状態で使用するのはエンジンにとって非常に負担になります。
つまり日常的にオイル量の管理をしていない原付で3000kmも走るのはとても危険なことです。

理想は日常的にオイル点検、減ってたら補充する、汚れたら交換する

これが理想的なオイル管理になります。
こんな使い方をする人ならメーカ指定の1年ごとでもいいのかもしれません。
でも経験上ですが原付バイクの日常点検をマメに行う人はほとんどいないのが現実です。

50ccの原付は3ヶ月~6ヶ月毎にオイル交換がオススメ!

原付で日常点検をやらないことを前提としたら3~6ヶ月でオイル交換をするのがオススメです。
距離の目安は1000キロ~2000キロでの交換がオススメになります。
けして当店にオイル交換を頻繁に来て欲しいから言っているわけではありません。
オイルがほとんど入ってないスクーターやエンジンが壊れたバイクなどを数々見てきました。
バイクを長持ちさせるにはオイルを日常的に点検する、または頻繁にオイル交換をするのが最低条件になります。

交換時期を早める走りかた

最後にオイルの劣化や減少を早める走り方というのがありますのでご紹介します。
あてはまる方は交換時期を短くしたほうがいいかもしれません。

  • 未舗装路での走行
  • 短距離走行の繰り返し
  • 寒冷地での使用
  • 全快で長距離走行
  • 坂道での走行

あてはまる事はありましたか?
寒冷地の定義はわかりませんが仙台は寒冷地でしょう。

原付バイクやスクーターのオイル交換はどこでやる?

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでオイル交換はしてもらえる?

スタンドでオイル交換断られた!?『バイクはやってない』

バイクのオイルは車と微妙に違いますので車屋さんなどではできないことが多いです。
ガソリンスタンドでもやっている所もあるようですが少数派だと思います。
少なくとも仙台市内のスタンドさんではあまりやられていないようです。

原付のオイル交換はやっぱりバイク屋さんで!

バイクのことはバイク屋さんでやるのが一番良いと思います。
入れるオイルの種類でかなり違いがでますし、慣れている所でやるのが無難です。
ただ近くにバイク屋さんがない地域では近くの車屋さんやスタンドでやられていることもあると思いますので聞いてみてください。

 

オイル交換の料金は?

原付のオイル交換の値段はお店によって意外と差があります。
オイル自体の価格も違いますし、工賃もそれぞれになります。

img_0929

こちらはリッター2000円以上するオイルです。

当店でオイル交換は1回1000円です

原付50ccのバイク・スクーターは1000円で交換しております。
もちろん工賃、オイル代(ホンダの純正オイル)コミコミ価格です。
原付2種クラスは1500円になります。

他店様の相場を調べますと大体1000円~3,000円程度の価格が多いようです。
使用するオイルによりピンキリではありますし工賃もお店によってまちまちです。
料金はお近くのバイク屋さんで聞いてみてください。

オイル交換の時間はどのくらいかかる?

原付のスクーターなどはオイル量も少ないので短時間で終わります。

オイル交換は10分程度で終わります。

慣れているバイク屋さんでは約10分程度で終わるのではないでしょうか。
工程を簡単に言うと、オイルを抜いて→オイルを入れる。これだけです。
(もちろんオイル量をみたり少しアイドリングさせたり細かい作業はありますが)

ただしご自分で作業する場合は時間をかけて慎重に行ってください。
オイルの量が少なかったり、ボルトの締めすぎや締め忘れなどないように注意です!

オイル交換と一緒にタイヤのエアチェックもしてもらう!

せっかくバイク屋にいったのですからタイヤの空気も補充してもらいましょう。
当店では無料でエアチェックしていますのでご安心ください。
オイルを抜いている時などちょうどいい隙間時間がありますのでバイク屋さんにとっても負担になりません。
タイヤの空気は自然と抜けていきますので必ず見てもらいましょう。
『オイル交換と、タイヤの空気もお願いします!』これでばっちりです!

 

まとめ

  • 原付のオイル交換頻度は3ヶ月~6ヶ月に1度がオススメ
  • バイク屋さんで1,000円~2,000円、10分程度でできる
  • 自分でもたまにオイルの量をチェックすること
  • オイル交換と一緒にタイヤのエアチェックもする

原付専門 仙台東ライダース ロゴ

関連記事

車種別オイル交換のやり方と注意点

原付自分でやるメンテナンス1

原付自分でやるメンテナンス2